BLOG

湘南メディカルフィットネス六本木店の
ブログです。

オートファジーとファスティング

こんにちは!湘南メディカルフィットネス トレーナーの熊谷です。

 

最近話題の「オートファジー」をご存じでしょうか?

オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせる仕組みのことと言われています。

 

オートファジーとファスティング(断食)には繋がりがあり、今注目されていますね!

 

 

ファスティング(断食)というと今は「8時間ダイエット」が流行っています。

これは24時間のうち、16時間以上は何も食べずに、残りの8時間は好きなものを食べても良いという方法です。

 

最後に食べ物を口にしてから10時間経つと、肝臓に蓄えられた糖が無くなって脂肪が分解され、エネルギーとして使われ始めます。

その後16時間経つと、オートファジーが機能し始めると言われており、古くなった細胞を新しくしていきます。

 

その結果、不要なものや老廃物が一掃され、全身の細胞や組織、器官の働きが活性化し、肥満の解消や病気になりにくい体になっていくと言われています。

 

 

1日3食やそれ以上を食べていると、内臓が休む時がなくなり疲弊し、消化機能が低下します。

消化機能が低下することで、食物が腸内で腐敗し、腸内環境が悪化。肥満や病気のリスクが高まるとされています。

 

1日3食が基本とされてきましたが、今はこのような考え方もあり、日々当たり前が変わってきています。

 

週に1日でも内臓を休める時間を作ってみると身体の感覚が変わるかもしれませんね!

 

個人的には、痩せるためにファスティングを行うのではなく、身体のリセットとして行うのが良いと思います。

また消化機能が回復することは食べた物が、身体に栄養として取り込まれやすくなるので、ボディメイクをしている方にも良いと思いますよ!

PAGE
TOP